自分でお金を作る

バックどうしても消費者金融のキャッシングには抵抗がある、というのなら自分で何とかしてお金を作るしか方法はありません。もっともポピュラーな方法だと自分の持ち物を売り払うということが考えられます。ブランド品や家電など、高く売れそうなものをリサイクルショップや買取専門店に持ち込んで売却すればお金を作ることは可能です。

ブランド品を持ち込むときにはできるだけ買取専門店に持ち込んだほうが高額査定に結びつきやすい傾向にあります。専属の査定スタッフが在籍しているようなお店だと信頼できるでしょう。ネットオークションで売るという方法もありますがこれだと時間がかかってしまいます。すぐにでも現金が必要なら直接売るアイテムをお店に持ち込んだほうが確実です。

売り払ってしまうのはちょっと、という方は質店を利用するのも良いかもしれません。質店なら期日までにお金を返済すれば質入れした品物を返してくれます。ただ、ブランド買取店で売るにも質屋に持ち込むにも手間と時間がかかってしまいますから、それを考えると消費者金融のキャッシングが便利かもしれません。インターネットを利用して申し込みしておけばあとは銀行のATMなどから融資を受けられます。

消費者金融で借りる

お財布急なご祝儀に困ったときに重宝できるのが消費者金融のキャッシングです。多くの消費者金融では即日融資を実施していますし、今すぐ現金が必要というシーンにも対応しています。直接無人契約機や店舗に足を運んで申し込みすることもできますが、インターネットから申し込みをして銀行口座に振り込んでもらうことも可能です。

消費者金融のキャッシングは金利が高い、と思われている方も多いかもしれませんが、大手の消費者金融では無利息期間を設けているところも多くあります。契約から一定期間は無利息としているようなキャッシングもありますから、このようなサービスを利用すれば問題ないでしょう。給料が入ってすぐに返済をするのなら元金を返すだけで済むのです。

一昔前のようにグレーゾーン金利が適用されている場合だとかなり高い利息も支払わなくてはなりませんでしたが、現在ではそういったこともなく、銀行ほどの低金利を実現しているような消費者金融もありますから、このような業者でキャッシングすれば安心です。銀行と違って消費者金融のキャッシングなら、申し込みしたその日のうちに融資してくれるところが多いので、そういったところだと、急なご祝儀が必要になった場合でもすぐに対応することができます。

ご祝儀を消費者金融で借りる

寿知り合いや友人、身内が結婚するというのはとてもおめでたいことですし、仲の良い人なら特に幸せになってほしいと感じるものです。周りの人、親しい人が幸せを手にするのは嬉しいものですが、ご祝儀が何度も重なってしまうとどうしても経済的な負担が大きくなってしまうのも事実です。一カ月に何度かご祝儀を包むことが重なってしまうとそれだけで数万円飛んでいくことになるので、生活費に影響を及ぼすことも十分に考えられます。

相手との関係性によってはそれなりの額を包む必要があり、そこそこの年齢の社会人ならなおさらです。場合によっては数万円どころか10万円を超えるようなケースも考えられるので、そうなると日々の生活にも大きな影響が出てしまいます。給料日がすぐにやってくる場合だと少し我慢すればいいのですが、給料日までしばらく先となると次回の給料日までどのように過ごすか頭を悩ませることになってしまいます。

また、急にご祝儀が必要になるといったこともありますが、このような場合にお金が用意できないこともあるでしょう。預貯金のない方だと自分で準備することはできませんし、どこかから借りるしかありません。このようなシーンだと、方法としては、消費者金融でキャッシングする、家族や友人からお金を借りる、モノを売ってお金を作るといったことが考えられます。ここでは、急なご祝儀などで困ったときにお金を作る方法についていくつかご紹介しますから、今後このようなシーンに直面したときは思い出して役立ててください。